読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Domesticated Girl

映画/音楽 無駄だらけ、迷いっぱなし23歳

ハッピーバースデーエンド。

自分が死んでから10年。

先日、また一つ。歳を重ねた、

何の変哲も無い繰り返しのような、ただ続いていく毎日だ。

物心ついた時からいつもふと、考えることがある。

何に引き止められてこの世界に留まっているのか?

毎日、どうして私は生命を維持する為に、必死になっているのか?

どうしても夢中になれない人ごとのような人生。

空っぽの自分を抱いて眠る夜、 迎える朝には絶望が光差すカーテンの隙間。

そして今日も。終わりに向かう道の途中で、迷い遠回りをする。

こんなの全部、贅沢で、人から言わせれば考えすぎの延長線上。

知ってるよ、分かってるよ。そんなこと。

弱いねって言うんでしょ?病んでるね、って笑うんでしょ?

消えてしまっても誰にも気づかれない世界にいるはずなのに、

どうしてまだ、息を吸い息を吐いているのだろう?

あの頃、、、10年前も同じように、こうやって暗闇の中にいた。

出口のないトンネルの、かすかな光さえ見えなくて、

何度も何度も歩くこと、辞めようとした。

そんな自分が嫌いで嫌いでどうにかなりそうだった

だから、私はその時の私を自分で一回殺した、事にした。

そして、そっからもう一度、生きることを覚悟した。

精一杯、死んだ自分が悔しがるような、人生にしたくて、

何らかの、意味や答えが欲しくて、必要とされる何かになりたくて

背伸びしたり、走ったり、無理したり、これでも頑張ったつもりだった。

だけどあれから10年。

10年前の自分に今の自分を見せていたら、

きっともうこの世界には自分はいなかったのだろう、と思う。

現実はいつだって、ハッピーエンドじゃないものだ。

だけど、それでも私は今日も生きている。

 

この10年、答えが欲しくて、音楽や映画、読書、

とにかく聞いて、観て、読んだ。できる限り周りの人の話も聞いた。

そうしてようやく分かった人生に大切なことは、

答えなしに生きる事と幸せの鍵は家族にあると言う事。たったそれだけ。

くだらない、人生なんてそんなもん。

当たり前だけど、同じところを行ったり来たりしているような

馬鹿げた1日でも命が削られるのだから、

面倒だけど、やり過ごせば終われるのだ、悩むことはない。

私が生きている事に、意味も価値もなくていいのだ。

ここからまた10年が始まる。生きる覚悟をしよう。

もし10年後、自分が生きているのなら

どんな世界を見ていますか?